グレートバリアリーフ透明度No.1のミコマスケイ徹底紹介

ミコマスケイ

ケアンズといえば世界遺産グレートバリアリーフの玄関口。ケアンズから行けるグレートバリアリーフの島の中でも一番高い透明度を誇るミコマスケイ(英語:Michaelmas Cay)は、シュノーケリングに最高の島!白い砂浜に青い海のミコマスケイで最高のケアンズ旅行を過ごしませんか?

一度は訪れてみたい透明度抜群のミコマスケイ

ケアンズからミコマスケイまでの地図

ミコマスケイは、ケアンズから約40㎞沖合に位置し、1日の上陸人数を限定している特別保護地区の無人島です。船で片道約2時間掛かりますが、その分、海やサンゴ礁はとてもきれいです。島といってもミコマスケイは「砂州(読み方:さす)」と呼ばれる砕けたサンゴの欠片や砂が積もってできた砂の島で、砂浜の白さも抜群です。また、ミコマスケイはグレートバリアリーフの中でも重要な野鳥の保護区のひとつで多くの海鳥が暮らしています。

ミコマスケイ日帰りクルーズツアーを体験

今回ご紹介するのは、世界遺産グレートバリアリーフのミコマスケイに行く日帰りツアー。サンゴ礁に囲まれた波のない穏やかな浅瀬と高い透明度を誇る海の青さが特徴のミコマスケイまでサンデッキがついたセイリングクルーズで行きます。

まずはクルーズ発着地のリーフフリートターミナルへ

朝7時半、リーフフリートターミナル(英語:Reef Fleet Terminal)の「GREAT ADVENTURES」カウンターで乗船手続きします。船に乗る前の港では、記念撮影などもしておきたいので早めに乗船手続きするのがおすすめです。

オーシャンスピリット号乗り場の案内看板

乗船手続きを終えたら「OCEAN SPIRIT CRUISES」の看板に沿って船へ向かいます。

オーシャンスピリット号

乗る船はオーシャン・スピリット号です。

ミコマスケイに行くオーシャン・スピリット号に乗船

オーシャンスピリット号のモーニングティー

8時になると乗船開始です。まず乗船するとツアーの楽しみのひとつ、モーニングティーの時間。マフィンとコーヒー、紅茶のサービスがあります。朝食にちょうどいいですね。

モーニングティーのサービスは出港までの間なので、飲食する際は早めに乗船するようにしましょう。また出港すると10時くらいまでは船が揺れる可能性があるため、不安な方はここで酔い止め薬を飲んでおくと安心です。

ミコマスケイに向けて出発!

オーシャンスピリット号のサンデッキ

8時半、出港の時間です。港を離れて船はミコマスケイに向けて海へ出ます。船内やサンデッキでクルーズを楽しみます。ちなみに船酔いしにくい場所は、外の景色や風を浴びれるサンデッキと船内は中心部分です。

9時頃になると船内では、ツアーの注意点やシュノーケリングの楽しみ方などを説明してくれます。

ミコマスケイの説明する船内スタッフ

続いて英語のみですが、グレートバリアリーフについて説明してくれます。どのくらい続いてるサンゴ礁の群なのか、サンゴの種類はどれくらいあるのか、どんなサンゴがあり、どんなお魚が見れるのかなどなど。このツアーでしか知れない情報が盛りだくさんです。英語の説明でも写真付きだったのでわかりやすく、英語がわからなくても充分楽しめる内容となっています。

ミコマスケイで遊ぶ準備

到着間近の10時頃になると色々と準備が始まります。まず半潜水艇(英語:Semi-Submarine)のツアーチケットが配られます。チケットは時間別になっているので希望の時間があれば早めにもらうようにしましょう。

1階後方ではシュノーケル用具の貸し出しが始まります。箱に入っているシュノーケルマスクと足ヒレを選びます。クラゲ除けスーツ(英語:Lycra suit)も無料で借りられます。スタッフが全身をみてサイズを選んでくれるので本人が行くのがいいんだとか。

体験ダイビングに参加する方はこの時間に説明があります。

ここでシュノーケルマスクの空気漏れチェックと足ヒレのサイズが合っているかどうか試してみます。ビーチに到着してから交換したい時は、また船に戻らなくてはならないですからね。

いよいよ、ミコマスケイに到着

ミコマスケイに到着するオーシャンスピリット号

10時半頃、白い砂のミコマスケイが見えてきました。ミコマスケイ周辺は浅瀬なので、少し離れたところに船は停泊します。

オーシャンスピリット号から魚の餌付けショー

この時、船上では魚の餌付けショーがあります。水面まで魚がくるので、記念にぜひ写真撮影してみてくださいね!また、ここから先のミコマスケイにはトイレがないので、船で済ませておくと安心です。

シュノーケリング天国のミコマスケイに上陸

ミコマスケイに停泊のオーシャンスピリット号から小型ボートへ乗り換え

それではミコマスケイのビーチへと移動します!!小型のボートに乗り換えて5分程で到着です。

注目ポイント!

小型のボートは1隻で行き来しているので早めに乗るとミコマスケイでの滞在時間は増えます。

透明度抜群のミコマスケイ

この透明感っ!遠浅というのもありますが、ほんとうに綺麗!!癒される美しさです。フォトジェニックでおすすめです!

ミコマスケイのビーチ周辺の海は浅く、波も穏やかです。年齢を問わず初心者からファミリーまでシュノーケルを楽しめます。ビーチではライフジャケットの貸し出しもしているので泳ぐのが苦手な方にも沈まないので心配いりません。

あちこち写真を撮ってからシュノーケリングに出発です。お魚がいる、いる!魚の種類が多くて見てて飽きません。思わず追いかけっこしてしまいました。

防水ケースを使って撮った写真

iPhoneを防水ケースに入れて撮ったものです。綺麗ですよね。楽しすぎて時間が足りないくらいギリギリまで泳ぎました。

間近でサンゴ礁が見られる半潜水艇に乗船

ミコマスケイの半潜水艇内部

予め時間指定の入ったチケットで半潜水艇ツアーに参加します。水面下1mの世界でサンゴ礁を楽しめます。思っていた以上に近くて、大きく綺麗なサンゴ礁を感じることができました。ウミガメも発見しました!

ミコマスケイの半潜水艇

この半潜水艇ツアーは船の後方デッキで乗り換えして約30分です。

船内で人気のビュッフェランチ

オーシャンスピリット号のビュッフェランチ
オーシャンスピリット号の温かいビュッフェランチ
オーシャンスピリット号のビュッフェランチのサラダ
オーシャンスピリット号のビュッフェランチのパンやソース

お昼になり、そろそろお腹も空いてきた頃。船に戻ってランチタイムです。各自好きなものを選んで食べていきます。エビは大半の人が選ぶほど人気でしたよ。ビュッフェ式の嬉しい食べ放題です!

ミコマスケイは野鳥の保護区

ミコマスケイの見取り図

ミコマスケイのビーチにはロープが張られており、ロープの内側のみ立ち入り許可されています。

ミコマスケイのロープの外側にいる野鳥

ロープの外側は野鳥の保護区域であり、多くの海鳥が生息しています。

ミコマスケイの野鳥

ビーチを散策すると、そこに広がる大迫力の鳥の数。ロープギリギリに少しびっくりするくらいの鳥がいます。

ミコマスケイから帰りのクルーズ

オーシャンスピリット号のアフタヌーンティー

14時半頃、ツアーの最後はアフタヌーンティー。出航までコーヒー、紅茶とケーキやフルーツのサービスがあります。泳いだ後のデザートは絶品です。

15時頃、ミコマスケイを出航してスパークリングワインとチーズクラッカーのサービスがでて17時頃ケアンズに到着です。

充実の日帰りツアーでミコマスケイを満喫!

ミコマスケイのビーチで写真

この記事では、ミコマスケイを楽しむ1日ツアーの様子をご紹介しました。世界最大のサンゴ礁地帯グレートバリアリーフにある、透き通る海に白い砂浜、思いのほか野鳥がたくさんいるなど魅力あるミコマスケイ。ケアンズへ訪れた際は、ぜひツアーに参加してその美しいミコマスケイを満喫してみてください。

ケアンズ

世界遺産ミコマスケイクルーズ

白い砂の島までゆったりセイリングクルーズ&たっぷりシュノーケリング。砂浜の白さは抜群です。泳ぎ盛りや砂遊びしたいお子様連れにも最適です。

245

所用時間:8時間30分

この記事をシェアする